当院は、膠原病や癌(がん)などの難病治療に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。福岡県北九州市&東京で展開中
癌免疫療法(ANK癌免疫療法)やプラセンタ療法に力を入れています
アレルギー性疾患(アトピー・気管支喘息など)肝疾患(C形肝炎・肝硬変)
プラセンタで花粉症体質を改善 当院のご案内メディア・講演の紹介当サイトのサイトマップ問合せメール
ひわき医院TOPページへ 癌免疫治療 プラセンタ療法 ダイエット外来 ピロリ菌外来 ビタミンH注射 プロバイオテイクス 径鼻内視鏡 サプリメント ピアス 毛髪ミネラルチェック 当医院に掲載中のサプリメントやドクターズコスメは、こちらのサイトから購入できます。 午前:9:00〜12:30
 午後:14:00〜18:00
  膠原病や癌治療の専門医
 ひわき医院
 〒804-0061福岡県北九州市
 戸畑区中本町11-2
 Tel : 093-873-2001


 ビタミン H 注射「ビオチン」  
 ビオチンは、皮膚疾患全般にわたって保険適応されます。
 ビオチンは、抗炎症物質を生成し、プロスタグランジンやヒスタミンのような、オータコイド系の生理活性物質を過剰に
 作らせないという作用によってアレルギー症状を緩和する作用があります。
 また、ビオチンは、皮膚を作る細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つ働きもあります。

 したがって、皮膚と非常に関係の深いビタミンといえるのです。
 皮膚疾患で代表的なアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症にビオチンがよく使われます。

 さらにビオチンは、皮膚疾患全般にわたって保険適応されます。
 たとえばニキビや、アレルギー性皮膚炎、じんましん、乾燥による痒みなどに、効果があります。



 自己免疫疾患にも
 またビオチンは、自己免疫疾患(易感染性、膠原病)など、その他、ビオチン欠乏からくる多岐にわたる病状
 (皮膚病、疲労感、神経異常など)を改善します。
 ビオチン欠乏症の妊婦さんは、胎児に高い確率で奇形を生じることも知られています。



効果が期待できる疾患
    アトピー性皮膚炎 掌蹠膿疱症 ニキビ アレルギー性皮膚炎 じんましん 乾燥による痒み
    
    ビオチン欠乏からくる多岐にわたる病状(皮膚病、疲労感、神経異常など)

膠原病や癌治療の専門医  ひわき医院
福岡県北九州市戸畑区中本町11-2
Copyright (C)2009 Hiwaki Clinic all right reserved.